医療法人社団 千秋双葉会 新宿曙橋耳鼻咽喉科・アレルギー科


東京都新宿区住吉町5-5 寿光ビル2F お電話でのお問い合わせはこちらから
tel03-3341-3387

睡眠時無呼吸症候群

いびきがうるさい、昼間急に眠くなることがある、夜中に何度も目が覚める、寝起きがすっきりしない、などの症状があるときは睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上息が止まることが頻繁にあるために、血液中の酸素の割合が少なくなり、十分な睡眠が取れず、それにより日中の眠気などの症状が出てくる病気です。
それだけではなく、重症の場合は糖尿病や高血圧、心不全、脳卒中などの発症リスクを高め、生存率が下がるという統計があります。
放置しておくと危険な疾患ですので、もしかして?とご心配なことがあれば早めの受診をおすすめいたします。

睡眠時無呼吸症候群の多くは、空気の通り道が閉塞することが原因となって起こります。
扁桃肥大、鼻中隔弯曲、鼻炎などの耳鼻科疾患、顎が小さい、肥満なども閉塞の原因になります。
まずは問診・診察で、鼻やのどに閉塞の原因となるようなところが無いかを確認します。
その後ご希望の方にはご自宅でできる簡易検査を受けていただきます。簡易検査の結果によっては、入院できる施設での精密検査(ポリソムノグラフィー)をおすすめする場合もあります。

治療は、軽症の方では生活習慣の改善、扁桃肥大がある方などは外科的治療、軽症〜中等症の方では歯科装具(マウスピース)などがあります。重症の方ではCPAP(Continuous Positive Airway Pressure, 持続陽圧呼吸)療法が現時点で最も有効な治療法です。これは、寝ている間ずっと鼻にマスクを装着し、マスクから一定の圧をかけた空気を送り込み、空気の通り道がふさがらないようにする治療法です。保険適応には条件がありますが、重症の睡眠時無呼吸症候群の方でも、このCPAP療法で正しく治療すれば、重篤な疾患の発症リスクや生存率に関して改善が期待できます。CPAP療法を受ける方は、月に1回の定期的な通院が必要です。

  • インターネット予約はこちら
  • 電話・オンライン予約はこちら

診療時間

  日・祝
9:00 ~ 13:00 - -
14:30 ~ 18:00 - -

※休診日 水曜日午前、土曜日午後、日・祝